学部案内


Home » 学部案内 » 看護学科

看護学科 2012年開設

前のページへ戻る

  • 看護学科
    について
  • 履修の流れ・
    カリキュラム
  • 学びの特色と
    実習内容
  • 設備機器

看護学科について

看護の理論・知識・技術を習得するとともに、人間性や倫理感を高め、地域の医療、保健分野で貢献できる人材の育成を目指します。4年間の学習を修めることにより、看護師国家試験受験資格が得られます。特に、看護の学びの基礎として、人文・自然・社会科学など幅広い教養を身につけられることは、大学での看護師育成ならではのメリットでしょう。
日本医療科学大学では、理論や知識をもとに実践する機会をたくさん用意し、自分で考えて判断できる力を養っていきます。さらにチーム医療を重視し、他の医療職に仕事の内容や役割を理解し、どのように連携していくべきかを考えます。他にも人々の健康の維持、増進に向け公衆衛生の分野で活躍する保健師国家試験の受験資格(※)を得ることも可能です。

※保健師国家試験の受験資格を得るためには、所定の科目を履修する必要があります。また、履修については選択・選抜制です。

看護師とは

「もしあなたが今までにけがや病気で入院した経験があるなら、きっと看護師は大きな心の支えになってくれたことでしょう。看護師は病床で苦しむ人の辛さを和らげ、日常生活の援助や心のケア、診療の補助を行います。

社会のニーズ

看護職の活動のフィールドはどんどん広がり、期待も高まっています。看護師には、患者さんの病気だけでなくその人の全体を看て、日常生活をできるだけ安楽に過ごせるよう援助する役割が求められます。看護師は、いわゆるチーム医療の要的存在と言えるでしょう。例えば、患者さんの変化や希望を的確に把握し関係する職種へ伝え、診療の補助と呼ばれる治療的ケアを行います。また、多職種と共に検査やリハビテーション等にも関わります。さらに、地域や在宅の保健・医療・福祉の担い手として人々が安心して地域で生活できるよう支援する役割も求められています。

近年、国際化に伴い、日本で生活する外国人の看護にあたるケースも増えています。語学力はもちろんのこと、歴史、宗教、文化、習慣などについても精通することで、外国人の方が適切な治療やケアを受けられるよう援助していかなければなりません。現在日本で活躍する看護師は約108万7千人(※)。社会における存在意義も高まる一方です。

※平成26年度現在、厚生労働省「衛生行政報告例」より。

学科長からのメッセージ

知識・技術の基本の修得はもちろん、豊かな人間性を備えた看護師の育成を目指します

看護学科長

森田 恵子 教授

 本学の看護学科は、看護学の知識・技術の基本を修得するとともに、科学的思考力・問題解決力、豊かな人間性、高い倫理観を備えた看護師の育成を目指しています。このために豊富な基礎科目の設定、看護の知識・技術および判断力を養うための学内演習や実習の充実を図っています。特に、採血演習や看護過程演習などにおいて教員間の連携を密にし、より実際的で一貫された学習がなされるように教育方法を工夫しています。また、看護は対人関係を基盤としていますので、チーム医療演習Ⅰを含め各科目でのグループワーク時の討議など人間性や倫理観を養う機会も大切にしています。

  • 看護学科
    について
  • 履修の流れ・
    カリキュラム
  • 学びの特色と
    実習内容
  • 設備機器