学部案内


Home » 学部案内 » 臨床工学科

臨床工学科 2012年開設予定(構想中)

前のページへ戻る

  • 臨床工学科
    について
  • 履修の流れ・
    カリキュラム
  • 学びの特色と
    実習内容
  • 設備機器

臨床工学科について

臨床工学科は2012年4月に開設されました。
本学では医学の基礎となる解剖学、生理学を徹底的に学習し正常な人体の構造と機能を理解します。この基礎医学の知識をベースにして様々な疾患の成り立ちや治療法を学ぶ臨床医学を理解していきます。
同時に、工学の知識と技術を学び医療機器に対する専門知識を習得していきます。
実習室には病院内で使用されている様々な医療機器が用意され、学年を問わず医療機器に触れることができ、いつでも自分の手にとり操作することができます。早期から医療機器に慣れることで、個々の医療機器の特性を知ることができます。
さらに4年間という大学教育の特性を活かし、幅広い教養を身につけ社会人や医療人としての資質を高め、コミュニケーション能力を磨き、臨床工学技士の立場からのチーム医療への関わり方などを学びます。
臨床工学技士はこれからの医療の中でとても重要な役割を担います。
国家資格の取得だけでなく、医療業界をリードして行ける人材の養成を目指します。

臨床工学技士とは

医療技術の進歩に伴い、医療機器の高度化・複雑化も進む一方です。
臨床工学技士は、血液透析装置や人工呼吸器、人工心肺装置など、いのちを守る医療機器(生命維持管理装置)の操作、保守・管理を行う医療機器のエキスパートです。

社会のニーズ

臨床工学技士制度が誕生したのは1987年と比較的新しいですが、現代医療に不可欠な医療機器を効率的に運用し安全性を確保することでチーム医療を担っており、活躍の場が広がっています。
例えば、心臓手術では人工心肺装置を用いて、手術の間患者さんの心臓の働きを人工心肺装置で代行します。その他にも手術中には様々な医療機器を使用して手術をしています。これらの医療機器が安全・確実に作動しているか、異常はないか確認するのも臨床工学技士の重要な仕事です。また、異常が起こる前にその予兆を察知する能力も臨床工学技士には要求されます。
時には医療機器について医師や他の医療スタッフから相談を受けることもあり、専門知識とコミュニケーション能力を活かして、チーム医療に貢献しています。
また、腎臓の機能が悪くなった患者さんには血液透析装置を用いた治療を行いますが、週3回1日3~4時間の治療となるため患者さんと直接触れ合う機会が多く、医療機器の操作だけでなく患者さんの状態の変化を敏感に察知し対応することも大切です。患者さんとのコミュニケーション能力と高いスキルで信頼を得ることが重要です。
集中治療室では心臓や肺を始めとした重要臓器と全身の状態を把握するための計測機器や様々な治療機器が用いられ緻密な治療が行われます。呼吸状態の悪い重症な患者さんには人工呼吸器を用いて呼吸補助を行い、循環動態の悪い患者さんには補助循環装置を用いて治療を行います。それぞれの医療機器は患者さんの命と直結しているので、トラブルが起こったときには医療機器を熟知している臨床工学技士の迅速な対応が要求されます。
これらだけではなく、病院全体で医療機器を適正に効率よく運用するため、病院内の医療機器や設備を把握することが重要です。医療機器のあらゆる場面で臨床工学技士が関わり、新たな医療機器の導入から古い医療機器の廃棄の際もアドバイスを行っています。
現在、日本で活躍中の臨床工学技士は約1万9千人強(※)で、医療の現場で必要とされている数に対して圧倒的に少ないのが現状です。
薬事法、医療法の改正により、医療機関に医療機器を安全に使用し管理する体制を確保するための措置を取ること(臨床工学技士を中心とした機器管理体制の確立)が義務付けられ、臨床工学技士に対する社会のニーズがさらに高まっており、多くの若い人材が必要とされています。

※平成27年10月1日現在(厚生労働統計「平成27年(2015)医療施設(動態)調査・病院報告」より)

学科長からのメッセージ

医療現場の第一線で活躍してきた教員と充実した設備のなかで、医療機器のスペシャリストを育成します

臨床工学科長

中尾 教伸 教授

 臨床工学技士は、人工呼吸器など生命維持管理装置の操作をはじめ、様々な医療機器の保守管理、病院内の教育活動など業務は幅広く、現在の医療現場ではなくてはならない存在となっています。最近の医用工学・医療技術のめざましい発展に伴い、内視鏡や心臓カテーテルの検査・治療補助といった分野にも業務の範囲が広がっており、今後も益々活躍の場が広がると期待されます。本学科は、医療機器のスペシャリストとして活躍できる人材を育成するため、医療現場の第一線で活躍してきた熱意溢れる教員と、医療機器実習のための充実した設備やカリキュラムを整えています。是非、本学の臨床工学科で学んで夢を叶えていきましょう。

  • 臨床工学科
    について
  • 履修の流れ・
    カリキュラム
  • 学びの特色と
    実習内容
  • 設備機器