学部案内


Home » 学部案内 » 臨床工学科

臨床工学科 2012年開設予定(構想中)

前のページへ戻る





臨床工学技士とは

医療技術の進歩に伴い、医療機器の高度化・複雑化も進む一方です。臨床工学技士は、人工透析や人工心肺装置など、いのちを守る医療機器の操作・管理を行う医療のエキスパートです。

社会のニーズ

臨床工学技士制度が誕生したのは1987年と比較的新しいのですが、現代の医療に不可欠な医療機器の安全確保と有効性維持の担い手として、チーム医療での活躍の場が広がっています。例えば手術中には機器が安全・確実に作動しているか確認したり異常を察知したりします。時には医療機器について医師から相談されることもあり、専門知識とコミュニケーション力を活かして、パートナーとして医師の補佐を行います。また患者様にとっても信頼の置ける存在です。例えば人工透析で週3回1日3~4時間の透析を受ける患者様にとって、臨床工学技士の技術に対する高い信頼と安心が何より大切です。その上、優しく声を掛けられたり、話をよく聞いてもらうだけでもストレスが和らぎます。透析の治療では患者様と触れ合う機会も多く、機器の操作だけでなくて患者様の変化に敏感に対応することも大切です。もちろんこれだけではなく、病院全体で適正に効率よく使用するため、病院内すべての医療機器を把握し、安全に安心して利用できるように管理することも重要な役目。新たな医療機器導入の際もアドバイスを行います。現在、日本で活躍中の臨床工学技士は約1万6千人(※)で需要に対して圧倒的に少ないのが現状。多くの若い人材への期待が高まっています。

※平成20年度現在、厚生労働省医政局調べ・「平成22年度厚生労働白書」より





臨床工学科について

2012年4月に開設の日本医療科学大学臨床工学科。ここでは基礎医学の知識をベースとして臨床医学をしっかりと身につけ、そのうえで工学の技術と知識を高め医療機器に対する専門知識を習得していきます。特に臨床現場での適切で安全な医療の実現を重視して学んでいきます。さらに4年間という大学教育の特性を活かし、社会人や医療人として資質を高め、コミュニケーション能力を磨き、臨床工学技士の立場からのチーム医療への関わり方など考えていきます。医療機器はこれからの医療の中でとても重要な役割を担います。国家資格の取得だけでなく、臨床工学技術をリードする人材の養成を目標としています。

学科長からのメッセージ

熱意溢れる教員と、充実した医療機器実習設備のなかで第一線の医療現場で活躍できる人材を育成します。

  • 臨床工学科 学科長

平井 紀光 教授

治療が困難な病気を治療できるのは、医師の優れた力だけではなく、さまざまな医療機器の存在があるからです。手術室などでは、臨床工学技士が生命に直結関わるような人工呼吸器などの医療機器を駆使し、医師をしっかりサポートする重要な役目を担っています。重要な役目をしっかり果たすには、医療機器のスペシャリストであると同時に、医師と同等の臨床医学の知識がなくては務まりません。

本学科は、第一線の医療現場で活躍できる人材を育成するため、医療現場の一線で活躍してきた熱意溢れる教員と、医療機器実習設備を整えています。是非、本学臨床工学科で学んで夢をかなえて下さい。



在学生からのメッセージ

授業中の小テストが、
そのまま国家試験対策に。

池崎 魁斗

  • 臨床工学科 3年
  • 埼玉県立 川越工業高等学校出身

臨床工学技士という職業を知ったのは、高校で開かれた説明会で日本医療科学大学の話を聞いたとき。工業高校に在籍していたので、工業系のバックボーンを活かして医療の専門家として活躍できると知り、ぜひこの道で頑張ろうと思いました。授業はとても充実していて、小テストも盛んに行われます。しかも、そのまま国家試験対策になるような内容のテストなので、自然と実力が磨かれていく感じです。当面の目標は2年生で第2種ME技術者の資格を取ることです。

将来は、いざという時に安心して仕事を任せてもらえるような、頼れる臨床工学技士になりたいと思います。





女性の臨床工学技士の活躍が
求められています。

小沼 優奈

  • 臨床工学科 4年
  • 埼玉県立 飯能高等学校出身

オープンキャンパスで興味本位にのぞいてみたのが臨床工学科の教室でした。そこにあった医療機器を操作させてもらったとき、直感で"これこそ私が目指すべき仕事だ"と思い、入学を決めました。話を聞いたら女性の臨床工学技士はまだ少ないものの、だからこそ今後の活躍が期待されるということでした。

実際に入学して感じたのは、ここには国家試験合格に向けて学ぶ仲間が集まっているということです。つまり同じ夢を持った仲間ばかりという、素晴らしい環境です。こうした仲間たちと一緒に学びながら、すべての患者様に対して優しく寄り添うことのできる臨床工学技士を目指していきます。