学部案内


Home » 学部案内 » リハビリテーション学科 (作業療法学専攻)

リハビリテーション学科 (作業療法学専攻)

前のページへ戻る

作業療法士とは

心身に障害のある人やそれが予想される人に、主体的に日常生活を送れるようリハビリテーションを行うスペシャリスト。家庭での日常的な動作から職場・学校・遊びなど社会的応用動作に至るまで、治療・指導・支援にあたります。

社会のニーズ

超高齢社会の到来により、医療保険や介護保険などの社会保障制度の整備、改革が進められています。このような背景の中で作業療法は、子供から高齢者に至るまで、幅広い年齢層からのニーズがあります。また、病院で行われる急性期のリハビリテーション、回復期のリハビリテーション、さらには、在宅を中心とした維持期リハビリテーションにおいて、高齢者の寝たきり予防、健康寿命の延伸を目指した介護予防への取り組みなど、作業療法士の活動は幅広く行われており、大変注目されています。

作業療法専門科目の身体障害領域は、例えば、脳卒中や脊髄損傷という疾患では、手や足が動かし難くなるなど、身体の機能障害が起こります。手や足の機能を知るために、さまざまな検査やテスト方法があります。身体機能を回復させるための作業活動を用いた治療理論や治療方法を学びます。
発達障害領域は、例えば、脳性麻痺や精神遅滞などの子どもを対象として、心や身体の発達状態を知るための発達検査について学びます。子どものリハビリテーションでは、「遊ぶ」という活動を治療的に活用することも作業療法の技術です。子どもが発達学習していくための治療理論や治療方法を学びます。
精神障害領域は、例えば、統合失調症やうつ病、薬物依存症の方たちを対象として、社会適応のための支援方法について学びます。具体的には、生活技能を高めるためのコミュニケーション技法から就労に至るまで、様々な支援方法について学びます。
老年期障害領域は、主に高齢者に多い疾患である脳血管障害、パーキンソン病などの身体障害が人の加齢による体力の低下や認知機能の低下とどのような関係があるのかを学びます。また、近年問題となっている認知症高齢者への支援方法や介護問題について、作業療法士が担う役割について学びます。

日本医療科学大学では、対象者の自立支援に関わる諸理論および実践技能を学び、主に身体障害、精神障害、発達障害、老年期障害といった領域で作業療法を行っていく上での専門的能力が高まるよう指導していきます。作業療法の専門性は幅広く、最近では、代償(疾患により失われた身体機能の代わりとなる医療福祉機器の活用)という考え方が重要性を増しています。対象者の生活環境の中では、ロボットアームやリフト、車椅子などの機器を用いた支援法が有効であることが分かってきました。日本医療科学大学では、このような機器(AT:アシスティブ・テクノロジー)を用いた支援法を実践できる作業療法士の養成に力を入れています。


リハビリテーション学科 (作業療法学専攻) について

バリアフリー社会の実現に向けて、注目を集める作業療法士。最新の設備がそろう充実した教育環境の中で、体と心の両方へアプローチできる作業療法士を育成します。


学科長・専攻長からのメッセージ

豊かな教養と専門知識、そして人間力を養い、地域社会に貢献できる作業療法士を育成します。

  • リハビリテーション学科 作業療法学専攻 学科長・専攻長

本田 豊 教授

作業療法の治療は、クライアントやそのご家族とよく話し合い、クライアントにとって何が一番必要なことなのかを理解するところからスタートし、共にゴールを目指します。そして関連職種と連携してチームでクライアントの問題を解決していきます。したがって、豊かな教養と専門知識を基盤として、人間関係を大切にすること、そして社会人としての礼儀や常識を心得ているとともに、思いやりや共感の気持ちを適切に表現できるように成長することを目指します。充実した講義、実習、レポート、試験、そしてユニークな教員と過ごす多くの時間を通じて、地域社会に貢献できる専門知識と人間力を育成します。

在学生からのメッセージ

目標は、患者様の不安を
笑顔に変えられる作業療法士。

私市 遥

  • リハビリテーション学科
  • 作業療法学専攻 3年
  • 埼玉県 私立秋草学園高等学校

私が高校2年の時、祖父が自転車で転んで大怪我をし、入院しました。リハビリ中にお見舞いに行ったところ、普段は頑固な祖父が、作業療法士の方とニコニコしながら楽しそうに話をしていたのです。その様子を見て、不安なはずの患者をこんな笑顔にしてしまう作業療法士という仕事に感動し、自分もぜひ目指したいと思いました。その目標に向かって、今は勉強に一生懸命打ち込んでいます。

チーム医療の演習では他学科の学生とグループを組み、私がリーダーとしてみんなをまとめる役も務めました。リーダーなんて私にはとても無理と思っていたのですが、新しい自分を発見できました。将来はしっかりと患者様を支えられる作業療法士になりたいです。