学部案内


Home » 学部案内 » 診療放射線学科

診療放射線学科

前のページへ戻る

  • 診療放射線学科
    について
  • 履修の流れ・
    カリキュラム
  • 学びの特色と
    実習内容
  • 設備機器

診療放射線学科について

現代医療に不可欠な放射線診療の担い手として、医学の進歩に対応した最先端の専門知識と確かな技術力を持ち、 メンタル面でもサポートできる診療放射線技師の育成をめざします。

診療放射線技師とは

「人体に放射線を照射する」これはとても危険なことです。広島や長崎の原爆、チェルノブイリや東海村での原子炉事故は、その事を証明しています。しかし世界各国には放射線を人体に照射することを仕事にしている人たちがいます。
それが「診療放射線技師」です。レントゲンが1895年にエックス線を発見してから、エックス線を人体に照射して病気を診断する「エックス線撮影」がおこなわれてきましたが、実はその発見の翌年には、エックス線が人体に害を与えることがわかっていました。つまりエックス線の発見とほぼ同時に「放射線障害」の歴史も始まったということになります。しかし、今やエックス線を含む放射線は、ガンを治療する「放射線治療」へと応用されています。この間日本は、放射線のもたらす利益を安全かつ有効利用することを目的に、専門的な教育を受け、知識と確かな技術を有するものだけにその業務を免許する制度を整備してきました。そして現在日本では、「診療放射線技師」として4万人以上が病院や研究施設などで働いています。また、近年画像診断の分野では、超音波(エコー)や核磁気共鳴装置(MRI)などエックス線を使わない装置も普及してきており、国は「診療放射線技師」の能力の高さを認め、それらの使用も法的に認めています。
病院では様々な検査が行われますが、画像検査は診断や治療方針を正しく決めていく上で、今やなくてはならないものとなっています。また、放射線治療は様々な手法が開発され、治療効果や治療精度を飛躍的に上げてきています。「診療放射線技師」は、正にその現場で活躍する主役の一端を担っています。

社会のニーズ

いま社会では「診療放射線技師にしかできないこと」によって救われている命がたくさんあります。早期癌の発見のための健康診断や、救急医療の現場、そして末期癌の治療などがそうです。いま「診療放射線技師」にたいする社会の期待は大いに高まっています。

学科長からのメッセージ

国際感覚豊かで人間性に優れ、臨床や研究の場において重要な役割を担える人材を育成します

診療放射線学科長

桑山 潤 教授

 近年、病気の診断や治療を行う放射線技術の進歩には目を見張るものがあり、それと同時に診療放射線技師の役割もますます重要になってきています。これからの診療放射線技師は、今まで以上に人間性を求められ、目まぐるしい技術革新や国際化の波に乗り遅れないようにしなくてはいけません。そのため、学生時代に人間性を磨き、確かな基礎力と国際感覚を培うことが不可欠となり、本学科での4 年間はそれを可能とします。本学科は,単に診療放射線技師を養成するということだけではなく、技術面はもとより国際感覚豊かで人間性に優れ、将来にわたって臨床や研究の場において重要な役割を担える人材を学生とともに目指しています。

  • 診療放射線学科
    について
  • 履修の流れ・
    カリキュラム
  • 学びの特色と
    実習内容
  • 設備機器