診療放射線学科

診療放射線学科について

診療放射線学科について

現代医療に不可欠な放射線診療の担い手として、医学の進歩に対応した最先端の専門知識と確かな技術力を持ち、 メンタル面でもサポートできる診療放射線技師の育成をめざします。

診療放射線技師とは

「人体に放射線を照射する」これはとても危険なことです。広島や長崎の原爆、チェルノブイリや東海村での原子炉事故は、その事を証明しています。しかし世界各国には放射線を人体に照射することを仕事にしている人たちがいます。
それが「診療放射線技師」です。レントゲンが1895年にエックス線を発見してから、エックス線を人体に照射して病気を診断する「エックス線撮影」がおこなわれてきましたが、実はその発見の翌年には、エックス線が人体に害を与えることがわかっていました。つまりエックス線の発見とほぼ同時に「放射線障害」の歴史も始まったということになります。しかし、今やエックス線を含む放射線は、ガンを治療する「放射線治療」へと応用されています。この間日本は、放射線のもたらす利益を安全かつ有効利用することを目的に、専門的な教育を受け、知識と確かな技術を有するものだけにその業務を免許する制度を整備してきました。そして現在日本では、「診療放射線技師」として4万人以上が病院や研究施設などで働いています。また、近年画像診断の分野では、超音波(エコー)や核磁気共鳴装置(MRI)などエックス線を使わない装置も普及してきており、国は「診療放射線技師」の能力の高さを認め、それらの使用も法的に認めています。
病院では様々な検査が行われますが、画像検査は診断や治療方針を正しく決めていく上で、今やなくてはならないものとなっています。また、放射線治療は様々な手法が開発され、治療効果や治療精度を飛躍的に上げてきています。「診療放射線技師」は、正にその現場で活躍する主役の一端を担っています。

社会のニーズ

いま社会では「診療放射線技師にしかできないこと」によって救われている命がたくさんあります。早期癌の発見のための健康診断や、救急医療の現場、そして末期癌の治療などがそうです。いま「診療放射線技師」にたいする社会の期待は大いに高まっています。

在学生からのメッセージ

診療放射線学科 3年
岩手県盛岡市立高等学校出身

今松 和輝 くん

診療放射線技師をめざしたきっかけと、大学での学びについて教えてください。

私は幼い頃に骨折をし、その際にお世話になった診療放射線技師の方に強い憧れを抱き、診療放射線技師を目指そうと決めました。とは言えX線と言うものがどういうものか全く知りませんでした。日本医療科学大学に入学し、基本的な原理から学んだことで診療放射線技師に必要な基礎を固めることができました。学内のX線、CT装置やMRI、超音波装置(エコー)など、頭と体をバランスよく使って学んでいくことで力のつく学内実習が実現され、入学当初では考えられないほど力がついたと実感しています。また現代の医療において必要不可欠なチーム医療についてのカリキュラムも確立され、他学科の学生と触れ合うことにより他職種の理解も深まり、医療人として視野も広がりました。

治療の先駆けとなる「発見」と言う分野で活躍する診療放射線技師は現在から未来に向け、さらに発達するAI技術がある中でも必要な医療職であると私は信じています。高い人間性を持ち、患者さんの心に寄り添うことのできる診療放射線技師になるため医療全般に関する幅広い知識を身に付けていきたいと思います。

履修の流れ・カリキュラム

履修の流れ

1年次|診療放射線学の基礎

「大学病院 診療放射線部門」の見学(1日)
豊かな人間性を養うための一般教養
基礎分野の修得

2年次|診療放射線学の専門基礎

放射線機器製作工場 放射線関連研究施設の見学
専門基礎分野の修得
実験・実習による基礎技術の修得

3年次|診療放射線学の実践

病院臨床実習(11週間)
専門分野を修得
学内臨床実習
研究方法の修得・研究活動

4年次|知識と技術の発展

専門分野を究める
卒業研究
国家試験対策
就職への準備

カリキュラム

卒業要件 127単位以上

科目\単位数必修選択合計
基礎教育科目 24単位以上 13単位11単位以上 24単位以上
専門教育科目
103単位以上
専門基礎科目 32単位4単位以上 36単位以上
専門科目 67単位 67単位以上

基礎教育科目

科目\単位数
※( )内は単位数
必修選択
必修科目13単位 選択科目11単位以上  合計24単位以上
人文・社会・自然科学
  • 生命倫理学(2)
  • コミュニケーション論(2)
  • 哲学(2)
  • 心理学(2)
  • 教育学(2)
  • 文学(2)
  • 社会学(2)
  • 歴史学(2)
  • 国際関係論(2)
  • 比較文化論(2)
  • 法学(2)
  • 経済学(2)
  • 生物学(2)
  • 物理学(2)
  • 化学(2)
  • 数学(2)
  • 医療保健統計学(2)
  • 国際保健学(2)
基礎演習
  • 情報リテラシー(2)
  • 基礎ゼミ(2)
  • 文章表現演習(2)
  • 体育Ⅰ(1)
外国語
  • 英語I(基礎英語)(2)
  • 医療英語(1)
  • 英語II(文献講読)(1)
  • 実践英語(2)
  • 中国語(1)

専門基礎科目

科目\単位数
※( )内は単位数
必修選択
必修科目32単位 選択科4単位以上  合計36単位以上
人体の構造と機能
及び疾病の成り立ち

※必修14単位 選択4単位から2単位以上選択
  • 解剖学Ⅰ(1)
  • 解剖学Ⅱ(1)
  • 解剖学演習(1)
  • 生理学(2)
  • 病理学(1)
  • 生化学(1)
  • 衛生学・公衆衛生学(1)
  • 基礎医学総論(2)
  • 一般臨床医学(1)
  • 薬理学(1)
  • 微生物学(1)
  • リハビリテーション概論(1)
  • チーム医療演習(1)
  • 臨床心理学(1)
  • 救命救急医学(1)
  • 看護学(1)
  • 臨床検査論(1)
保健医療福祉における理工学的基礎
並びに放射線の科学及び技術

※必修18単位 選択3単位から2単位以上選択
  • 医用電気工学(1)
  • 医用電子工学(1)
  • 医用工学基礎演習(1)
  • 放射線生物学Ⅰ(1)
  • 放射線生物学Ⅱ(1)
  • 医用物理学(2)
  • 核磁気共鳴学(1)
  • 放射線物理学Ⅰ(1)
  • 放射線物理学Ⅱ(1)
  • 放射線物理学Ⅲ(1)
  • 医用数学(2)
  • 放射化学Ⅰ(1)
  • 放射化学Ⅱ(1)
  • 放射線計測学Ⅰ(1)
  • 放射線計測学Ⅱ(1)
  • 基礎科学実験(1)
  • 放射線生物学特論(1)
  • 放射線物理学特論(1)
  • 放射化学特論(1)

専門科目

科目\単位数
※( )内は単位数
必修選択
必修科目67単位  合計67単位以上
診療画像技術学
  • ペイシェントケア・マネージメント(1)
  • 放射線医学概論(1)
  • 画像検査技術学概論(1)
  • 画像検査技術学Ⅰ(1)
  • 画像検査技術学Ⅱ(1)
  • 画像検査技術学Ⅲ(1)
  • 画像検査技術学Ⅳ(1)
  • 核磁気共鳴画像検査技術学Ⅰ(1)
  • 核磁気共鳴画像検査技術学Ⅱ(1)
  • 超音波画像検査技術学Ⅰ(1)
  • 超音波画像検査技術学Ⅱ(1)
  • 画像検査技術学臨床演習(1)
  • 画像解剖学(1)
  • 画像解剖学臨床演習(1)
  • 画像診断学(1)
  • 画像機器工学Ⅰ(1)
  • 画像機器工学Ⅱ(1)
  • 画像機器工学Ⅲ(1)
  • 画像機器工学実験(1)
核医学検査技術学
  • 核医学検査技術学概論(1)
  • 核医学検査技術学I(2)
  • 核医学検査技術学II(1)
  • 核医学検査技術学III(1)
  • 核医学機器工学(1)
放射線治療技術学
  • 放射線治療技術学概論(1)
  • 放射線腫瘍学(1)
  • 放射線治療技術学I(2)
  • 放射線治療技術学II(1)
  • 放射線治療機器工学(1)
  • 粒子線治療学(1)
医用画像情報学
  • 医用画像情報学I(2)
  • 医用画像情報学II(1)
  • 画像工学I(1)
  • 画像工学II(1)
  • 医用画像情報学実験(1)
放射線安全管理学
  • 放射線安全管理学概論(1)
  • 放射線関係法規Ⅰ(医療法関係)(1)
  • 放射線関係法規Ⅱ(障防法関係)(1)
  • 放射線安全管理学(1)
  • 放射線管理・計測学実験(1)
  • 管理法令特論(1)
  • 放射線管理・測定特論(1)
医療安全管理学
  • 医療安全学(1)
  • 医療安全管理学(1)
臨床実習
  • 基礎画像検査技術学実習(1)
  • 画像検査技術学実習I(1)
  • 画像検査技術学実習II(臨床実習)(6)
  • 核医学検査技術学実習(臨床実習)(2)
  • 放射線治療技術学実習(臨床実習)(2)
卒業研究他
  • 診療放射線学特講(1)
  • 放射線医学特論(1)
  • 画像診断技術学特論(1)
  • 画像診断・解剖学特論(1)
  • 放射線機器工学特論(1)
  • 核医学検査技術学特論(1)
  • 放射線治療技術学特論(1)
  • 放射線科学技術学特論(1)
  • 卒業研究(2)

学びの特色と実習内容

学びの特色

診療放射線技師は放射線を医療に応用し患者さんのために役立てることを目的としております。本学では放射線に関する基礎から高度な知識・技術に至るまでを自然な流れの中で修得していけるように配慮した講義・実習が行われております。
特に放射線についての専門科目では、日進月歩で成長する放射線の技術や機器に対する知識を無理なく修得できるように学修します。最新の医療技術修得のために第一線で活躍する講師による講義も行っており、より臨床に近い学修を学内で行うことができます。
さらに学内で行われる病院内の検査を模擬した実習や、高学年で行う実際の病院での臨床実習を通して学んだ知識を確認し、高度な医療技術に触れつつ、医療人としての奉仕の心と患者接遇やコミュニケーション能力を養います。
また1年次から行われている基礎教育科目においては、一般教養・基礎ゼミ・チーム医療演習・医療事故防止のため科目などを通じて医療人として必要な協調性・学修意欲・問題解決能力を養い、障害者や高齢者の方々の心理や福祉を学ぶ科目も開設しています。

実習内容

診療放射線学科の臨床実習例

学内の実習施設において講義で学修した内容を実技により技術として修得します。


エックス線撮影実習室で撮影をした画像を観察する学生たち。撮影には模擬人体(ファントム)を用いて画像についての技術を修得します。(奥からマンモグラフィ撮影装置、DR装置:エックス線テレビ装置、MDCT:X線CT装置、一般X線撮影装置:CR装置)








画像検査技術学実習

医療機関臨床現場において、人体各部の単純撮影(胸部、腹部、骨など)、造影撮影(血管、消化管など)、手術室でのエックス線撮影、CT検査、MRI検査、超音波検査、マンモグラフィ検査などの撮影に必要な知識・技術・患者接遇・医療人としてのマナーを修得します。

核医学検査技術学実習

医療機関臨床現場において、核医学に関する最新の検査原理(SPECT,PETなど)や画像の構成、放射性医薬品の取扱い、放射性廃棄物処理などを修得します。特に、放射性医薬品を用いた検査のため、患者さんへのコミュニケーションを通じた細かい配慮も実習の大切な要素となります。

放射線治療技術学実習

最先端の医療機関における臨床現場で、放射線治療技術学概論、放射線腫瘍学、放射線治療技術学などの講義で得た基礎知識・技術を基に病院で臨床実習を行い、放射線治療に必要な知識・技術(リニアックなどの加速器操作法を含む照射技術)、患者接遇法、技師としての基本的マナーなどを修得します。

診療放射線学科の年次別臨床実習

実習の目的
①診療放射線技師として必要な技術の修得を重視して、診療画像技術、核医学検査技術に関する諸種の検査法と放射線治療に関する照射技術などを修得、習熟し、あらゆる機器に精通する技術を身につけるととともに、実際に医療の現場において活用できる能力を養う。
②臨床実習では、医療現場における適切な行動、実際に小児や老人、成人の患者さん及びそのご家族と接することにより対応、対話、接遇のなどのマナーを修得する。また、医療現場のスタッフ等の病院スタッフ(医師・看護師・その他のチーム医療従事者)との連携、受付の事務職員との関係や医療現場での医療技術職のあり方を認識する。

年次 前期 後期 方法 時間
(単位)
2年次 学内実習 基礎画像検査技術実習
6グループに編成し臨床実習に必要な診療画像技術学の基礎について学内実習を行う。
45時間(1単位)
3年次 学内実習   45時間(1単位)
  臨床実習 画像検査技術学実習I
6グループに編成し臨床実習に必要な診療画像情報技術学について学内実習を行う。
45時間(1単位)
画像検査技術学実習II
核医学検査技術学実習・放射線治療技術学実習

埼玉県内をはじめ関東甲信越を中心とした実習施設で実施。臨床実習指導者の監督指導の下に、診療エックス線からエコー、MR、眼底までの画像検査技術学、核医学検査技術学、核医学における治療技術学及び放射線治療技術学までの診療放射線科学を総合的に実践する。
180時間(4単位)
90時(4単位)

取得可能資格

診療放射線技師(国家試験受験資格)
放射線取扱主任者
エックス線作業主任免許※
ガンマ線透過写真撮影作業主任者免許※
※診療放射線技師免許取得後、申請により取得可能

活躍のステージ

大学病院、国公立・市立病院、総合病院、一般病院、健診機関、医療機器メーカー、教育・研究機関 など

設備機器

MDCT(X線CT装置)
CT検査では、患者さんに撮影台に寝てもらうだけで短時間で検査が終了します。ドーナツ型をした装置の周囲からX線を照射して人体のX線吸収の程度を断面や3D画像としてみることが出来ます。

医用画像ワークステーション
CTやMRIで得られた画像データを処理し、画像の3D表示や定量解析など診療放射線技師の仕事として重要な高度な画像処理をする専用装置です。

DR装置(エックス線テレビ装置)
エックス線を使って、まるでテレビを見ているような感覚で体内の映像が映し出されます。みなさんがご存じのバリウムを飲んでする胃の検査も、このテレビ装置で行います。胃の壁にバリウムがまんべんなく付着するように、患者さんに体を動かしてもらいながら、時々息を止めて撮影します。

エコー撮影装置
波長の短い音波を人体に当てて反射してくる音波の強さを画像にします。被曝がない為、自身の体で練習も出来ますが、練習用ファントムにより実際に検査を行う感覚で様々な臓器を画像にして見ることが出来ます。

X線一般撮影装置(CR装置)
身体のあらゆる部位をX線を用いて平面画像として撮影する装置です。病院以外で人体にX線を照射することは出来ないため、学内実習では人体の各部を模したもの(ファントム)で撮影練習を行います。

エックス線管とエックス線の制御
エックス線の照射方向や距離、さらに照射面積を制御する装置です。

マンモグラフィ装置(乳房撮影専用装置)
低いエネルギーのX線を用いて乳房を撮影し、腫瘍や石灰化などの有無が分かります。検査は数分程度ですが小さい病変も発見することが出来ます。

エックス線管
クーリッジ管と呼ばれている真空管です。真ん中に見える渦巻き状のフィラメントから電子を放出させ傘のような形状のターゲットに衝撃させてエックス線を放射させます。

MRI装置(磁気共鳴断層装置)
MRIは、磁石と電波を使って体内を撮影する装置です。X線CT同様、体の断面像を得ることができます。また、検査用の薬剤を用いずに血管像を得ることもできます。

人骨による骨格標本とエックス線写真
エックス線によって人体の骨格は写真のような影絵となって写し出されます。

メッセージ

学科長からのメッセージ

国際感覚豊かで人間性に優れ、臨床や研究の場において重要な役割を担える人材を育成します

診療放射線学科長

桑山 潤 教授

 近年、病気の診断や治療を行う放射線技術の進歩には目を見張るものがあり、それと同時に診療放射線技師の役割もますます重要になってきています。これからの診療放射線技師は、今まで以上に人間性を求められ、目まぐるしい技術革新や国際化の波に乗り遅れないようにしなくてはいけません。そのため、学生時代に人間性を磨き、確かな基礎力と国際感覚を培うことが不可欠となり、本学科での4 年間はそれを可能とします。本学科は,単に診療放射線技師を養成するということだけではなく、技術面はもとより国際感覚豊かで人間性に優れ、将来にわたって臨床や研究の場において重要な役割を担える人材を学生とともに目指しています。