臨床検査学科(2021年4月開設)

臨床検査学科について

臨床検査学科について

臨床検査技師は、心電図などの生理機能検査、血液などの生体成分分析、がんなどの組織標本作製、細菌の培養による原因菌の確定など、多種多様な検査業務を行います。最近は、健康診断やがん検診、PCRなどの遺伝子検査にも活躍して、放射線撮影以外のあらゆる検査データを臨床へ返却し、診療部門を支援しています。病気の診断や経過観察、治療効果の判定だけでなく、予防医学・未病医学においても臨床検査技師は活躍し、ますます需要が増しています。

臨床検査技師とは

活躍の場は、大学・総合病院、臨床検査センター、体外受精支援など医療機関が主ですが、新薬開発・検査試薬・検査機器関連の企業、保健所、公的機関などでも活躍しています。また中途採用求人も多いので、結婚や出産などの都合で退職された方でも免許が生かせるため安心です。  

 

想定される進路

臨床検査技師が働く場所は、大学病院や総合病院をはじめとして、保健所や臨床検査センターなど、医療機関が主となります。このほか、製薬会社、食品メーカー、公的機関などにも就職が可能です。また不妊治療や創薬の現場でも活躍しています。

 

 

 

臨床検査は検体検査分野と生理機能検査分野に分かれます。

〈 検体検査分野 〉

微生物学的検査、血液学的検査、生化学的検査、一般検査、輸血・造血幹細胞移植関連検査、免疫血清学的検査、病理・細胞診検査、遺伝子・染色体検査

 

〈 生理機能検査分野 〉

超音波検査、心電図検査、脳波検査、呼吸機能検査、聴力検査、味覚・嗅覚検査、熱画像検査、MRI検査、眼底写真検査

 

活躍のステージ

臨床検査技師が働く場所は主に病院ですが、現代の活躍場所は多岐にわたっています。臨床検査技師の免許が必要な場所と学んだ知識・技術を生かせる場所があります。

 

免許が必要な場所

病院(大学病院、独立法人病院、地域中核病院)、クリニック(診療所)、健診(検診)センター

 

臨床検査技師の知識と技術が必要な場所

臨床検査センター、医療機器メーカー、治験事業(臨床研究コーディネーター:CRC)、不妊医療(エンブリオロジスト:胚培養士)、医療機関以外の公務員(保健所、警視庁の科学捜査研究所など)、研究所(製薬メーカー、食品メーカー)、大学の研究室

 

 

履修の流れ・カリキュラム

学びの特色と臨地実習

「画像検査」と「機器保守管理」に強い臨床検査技師を育成

生体成分を検査機器を駆使して正確に迅速に分析するだけでなく、診療放射線学科との画像診断装置の相互利用により、MRI画像、超音波検査画像及び眼底写真など「画像検査のスペシャリスト」として医療現場で活躍できる臨床検査技師を育成します。また生命維持装置などの医療機器保守管理の専門の臨床工学科と連携を深め各種医療検査機器の「保守管理に強いスペシャリスト」として臨床検査技師を育成します。

 

日本医療科学大学の強み/チーム医療演習

チーム医療とは、一人ひとりの患者様に対し関係する専門職が集まり、チームとしてケアに当たる医療をいい、糖尿病チーム、がん医療に関するチーム医療、感染症対策チーム、医療機器安全管理チーム、救急医療チーム、リハビリテーションチームなどがあり、チーム医療演習では、それぞれの職務内容とチーム医療における役割などについて学びます。また全学科混合の7~8名でグループを編成し、様々な症例についてグループワークを行い、他職種の理解と連携・協力する方法などを学びます。

臨地実習

実習の目的

(1)臨床検査技師としての基礎的な実践能力を身につけ、医療における臨床検査の重要性を理解するとともに、患者への対応について臨床現場で学習し、チーム医療の一員としての役割と責任役割を自覚する。

 

(2)臨床検査技師の主な業務について実際的な知識を身につけ、検体検査や生理学的検査が臨床の流れの中で実際にどのように適用され、どのような意味を持っているか、医療の安全がどのように確保されているかなど、臨床検査技師業務指針に基づく業務全般にわたる実践的知識と技術を身につける。

 

(3)臨床現場で働く臨床検査技師、医師、看護師、その他の職員とのコミュニケーションや患者への対応を通じて、医療人・社会人として行動するために必要なモラルやマナーを身につける。

 

3年次 学内実習

〈 学内臨床実習 〉

学外で行う臨地実習の事前・事後指導を主な目的とする。45時間(1単位)

 

3年次 臨地実習

埼玉県内、東京都内をはじめ関東甲信越を中心とした病院検査部で実施。

①病理検査学(細胞診を含む)、②血液検査学、③一般検査学、④生化学検査学、⑤免疫検査学(輸血学を含む)、生理検査学(画像検査を含む)、⑦微生物検査学 の各分野について、臨床の場で疾患と直結した知識や技能を高めることを目標とする。440時間(11単位)

顕微鏡

スパイロメーター

心電計

人脳波計

誘発電位・筋電図検査装置

顕微鏡

1階ロビー

1階教室

1階実習室

2階ラウンジ

紹介動画


メッセージ

学科長からのメッセージ

深い知識と高い技術力をもとに他職種と連携が取れる臨床検査技師を育成します

臨床検査学科長

伊藤 昭三 教授(就任予定)

 近年、今まで診断不能といわれていた疾患も検査技術の向上により、診断治療ができるようになってきています。更に医療現場では、様々な専門職が連携する「チーム医療」が主流となり、臨床検査技師もそのチームの一員として診療に参加しています。本学科では、精鋭の教員・充実した設備と実習により、臨床検査をはじめ様々な病気の原因と治療のメカニズムに関する知識や、AI搭載の最新機器を使いこなす技術力、他の医療職とのコミュニケーション能力を持った臨床検査技師を育成します。入学して良かったと実感してもらえるよう全教職員で支援します。