進路・就職


Home » 進路・就職 » 卒業後の進路INDEX » 卒業生からのメッセージ

前のページへ戻る

2016年 卒業生

先生方のきめ細やかな指導で
弱点を克服し、国家試験に合格。

中野 由惟 さん

  • 臨床工学科 2016年3月卒業/群馬県 共愛学園高等学校 出身
  • 群馬大学医学部附属病院

文系高校を卒業している私にとって、物理や工学の分野は弱点でしたが、先生方が理解できるまで教えてくださり、克服することができました。そのおかげで国家試験も無事合格。
現在は、大学病院で医療機器管理をはじめオペ室・高気圧酸素治療室・ICUと幅広い業務に携わっています。学生時代に臨床工学技士になりたいという志を常に持つことができたのは、共に勉強に励んだ友人達と支え合うことができたからだと思っています。日本医療科学大学で経験したことは、どれも今の自分を構成する大切な要素となっています。
これからも臨床工学技士として、誇りや緊張感を大切に日々励んでいきたいと思います。

生命の危機と向き合う現場で
患者さんの回復をやりがいに繋げる。

村田 拓也 さん

  • 看護学科 2016年3月卒業/埼玉県立坂戸西高等学校 出身
  • 独立行政法人 国立病院機構 東京医療センター

私は現在、救命救急センターで働いています。授業で急性期の看護を学んだ際、生命の危機にある最重症の患者さんを救い、回復の過程を歩む手助けを行う救命の現場に興味を持ち、この道を選びました。
日々の現場では重症度の高い患者さんが多く、状態も多岐に渡るため、様々な疾患に関する専門的な知識や高度なスキルが求められます。厳しい現場であっても、チームが一丸となって患者さんの生命を救えたときが看護の醍醐味を感じられる瞬間。急性期を脱した患者さんの回復過程に関わることもでき、やりがいを感じながら働ける場です。
これからも常に自己研鑽し、最先端の医療看護を提供できるように頑張ります。

専門性を高め
精神科看護のプロフェッショナルに。

浅井 陵 さん

  • 看護学科 2016年3月卒業/群馬県立 前橋商業高等学校 出身
  • 八王子市 駒木野病院 看護師

3年次の実習の時、精神科病棟での看護を体験し、未知の世界だった精神科看護に興味を持ちました。精神科看護では、同じ疾患でも病状は一人ひとり違い、最も個別性が求められます。日々の関わりが治療につながることに一番のやりがいを感じました。先生からは、医療の先輩という立場でも多くのアドバイスをいただいています。
日本医療科学大学は先生と学生との距離が近いことが魅力のひとつだと思います。どんなことでも話せる雰囲気があり、たくさんの支えや優しさ、励ましを受けました。この経験を大切に、思いやりのある精神科看護のプロフェッショナルをめざします。

大学院ではより専門的な知識を身につけ
幅広く学びたい。

三瓶 恵美 さん

  • 看護学科 2016年3月卒業/福島県立 双葉高等学校 出身
  • 福島県立医科大学 大学院 災害・被ばく医療科学共同専攻

私は福島県双葉郡浪江町の出身で、高校2年生のときに東日本大震災が起こりました。5年目になる今でも自宅に帰ることができず、避難生活のストレスから健康被害などもでています。また、当時は放射線について多くの間違った情報が流れ、心ない言葉に傷ついた人たちが福島にはたくさんいます。大学で看護や放射線について学び、より専門的な知識を身につけ、地元で働きたいと思うようになりました。進学する大学院では、災害看護や被ばく医療について幅広く学び、卒業後は当事者の一人として住民に寄り添い、共に一歩ずつ進んでいきたいと思っております。

先生や仲間と
一緒にがんばれる環境。

佐藤 美野 さん

  • 臨床工学科 2016年3月卒業/岩手県立 盛岡第四高等学校 出身
  • 関西医科大学附属 滝井病院 臨床工学技士

中学時代から医療に携わる仕事がしたいと思い、臨床工学技士をめざして学業に取り組んできました。勉強は難しい授業が多かったのですが、先生方が理解するまでしっかり教えてくれました。
将来は透析の仕事に就きたいと思っていますが、まずは幅広い仕事の経験を積みたいと考え、関西医科大学の附属病院に決めました。病院見学の際に見た患者さんの笑顔がとても印象に残っています。辛い治療の中でも笑顔でいられるのは臨床工学技士や看護師の努力があってのことだと思います。私も、患者さんに寄り添い、笑顔になってもらうことのできる臨床工学技士を目指したいと思います。

2015年 卒業生

大学時代に身に付けた
コミュニケーション力が役立っています。

平田 のぞ美 さん

  • 診療放射線学科 2015年3月卒業/
    埼玉県秋草学園高等学校 出身
  • 東京女子医科大学附属 膠原病リウマチ通風センター

私の勤めている部署はリウマチ性疾患を幅広く診療する専門施設で、最先端の検査と治療、さらには研究や教育も積極的に行っています。私は診療放射線技師として、多種にわたる骨・関節の変形に対し、患者さん一人ひとりに臨機応変に対応できるよう撮影業務に臨んでいます。
日々多くの人と接しますが、日本医療科学大学のアットホームな環境で身に付けたコミュニケーション能力が、患者さんだけではなく他職種の医療スタッフとの連携にも役立っていると感じています。
今後は在学中に得たものを活かし、技術はもちろんのこと、患者さんの心のサポートもできる技師を目指して頑張ります。

チーム医療で身につけた
コミュニケーション力が役立っています。

横澤 美奈 さん

  • リハビリテーション学科 作業療法学専攻 2015年3月卒業/
  • 前橋市立 前橋高等学校 出身
  • 公益財団法人 脳血管研究所 美原記念病院

回復期リハビリテーション病棟で、主に脳血管疾患の患者さんを対象にリハビリを行っています。リハビリは心身の機能面だけでなく、患者さんの日常生活や自宅の環境など様々な視点からのアプローチが大切です。日本医療科学大学では、身体面や疾患の基礎知識はもちろん、チーム医療演習を行い、多くの友人と話すことでコミュニケーション能力が向上しました。この学びが、現在の仕事に繋がっていると感じています。今後は、在宅医療にも視点を広げ、幅広いリハビリを行っていくことが目標です。このように広い視野が持てるのも日本医療科学大学で学んだ基礎が自分に根付いているからだと思います。

2014年 卒業生

患者さんからの「ありがとう」が
原動力になっています。

山口 紗輝 さん

  • リハビリテーション学科 理学療法学専攻 2014年3月卒業/
    群馬県立太田女子高等学校 出身
  • 東海大学医学部付属大磯病院

大学病院で超急性期から回復期の小児から成人、ご高齢の方を対象にリハビリを行っています。大学病院という職場柄、様々な疾患の方が対象となりますが、日本医療科学大学では4年次までに幅広い分野を学ぶことができ、現場での実践力となる知識や技術を身に付けることができました。また、各分野における優れた先生方の指導により、現状に満足することなく常に学び続ける姿勢や、医療に必要不可欠なコミュニケーション力を培うことができ、現在の自分の基盤となっています。
これからも、患者さんが前向きにリハビリに取り組めるよう、少しでも患者さんの不安が取り除けるような理学療法士になりたいです。

チーム医療演習で学んだ知識と技術を
活かし、患者さんをサポートしています。

櫻井 智佳子 さん

  • リハビリテーション学科 作業療法学専攻 2014年3月卒業/
  • 静岡県 浜松日体高等学校 出身
  • 社会福祉法人 聖隷福祉事業団 浜松市リハビリテーション病院

現在は回復期病棟で働いており、患者さんが病院生活から地域復帰できるよう、院内のスタッフと連携しながらチームで退院までをサポートしています。
身体機能だけではなく、退院後の日常生活、心理面やご家族の立場、自宅環境など幅広い面への配慮が必要なため、他職種の仕事内容を理解し、コミュニケーションを取りながら行動することが必要になります。学生時代に自分自身が目指している作業療法士の姿やキャリアプランを明確にし、チーム医療演習に力を入れて取り組んだことが今に活かされていると実感しています。

2012年度 卒業生

仲間たちとともに向上心を持って
積極的に学ぶ姿勢を教わりました。

清水 貴偉 さん

  • 診療放射線学科 2012年3月卒業/群馬県立 渋川高等学校 出身
  • 東京医科大学 八王子医療センター

現在勤めている病院の業務では、現場がローテーション方式のためX 線装置やCT、エコー、内視鏡などさまざまな装置を扱う機会があり、その都度医療スタッフも変わります。大学時代は1 年次からチーム医療を学んできましたが、他学科・専攻の学生たちとディスカッションしてきたことが、現在の仕事に大変役立っていると感じています。チーム医療演習をはじめ、仲間たちと互いに刺激し合い、傍で見守ってくださる先生方に支えられながら充実した4 年間でした。今後は、検査一つひとつの質を向上させ、より患者さんに貢献できるよう、日々自己研鑽しながら仕事に励みたいと思います。

学生一人ひとりの個性に合わせて
きめ細かく支えていただきました。

高杉 碧 さん

  • リハビリテーション学科 作業療法学専攻 2012年3月卒業/
  • 岩手県立 盛岡第四高等学校 出身
  • 千葉大学医学部付属病院 作業療法士

日本医療科学大学は、先生と学生の距離がとても近い大学でした。実習、国家試験対策、就職活動と、あらゆる場面で親身になって考え、学生一人ひとりの個性に合わせて上手にアプローチしてくださったと思っています。特に臨床実習で、現場の仕組みや現場での考え方などを学んだことは、今の仕事で大変役に立っています。現在は特に専門分野は持たずに幅広い疾患に対応して、作業療法士としての経験を積んでいるところです。まだまだ目の前にある仕事を一つひとつこなしていくだけで精いっぱいですが、急性期、回復期、維持期、訪問とすべての現場を経験して、自分を磨いていきたいと思います。患者様と接していて「楽しかった」「やる気が出た」と笑顔で言われたときは、本当に嬉しく思います。患者様のためにもっともっと勉強しなければ、という元気がわいてくるのです。

2011年 卒業生

大学の学びと実践が結びついた今
らに学びの意欲が高まっています。

酒井 克也 さん

  • リハビリテーション学科 理学療法学専攻 2011年3月卒業/
  • 福島県立 南会津高等学校 出身
  • IMS( イムス)グループ 板橋中央総合病院

現在は、急性期の脳卒中の患者さんに対してリハビリテーションを提供しており、後輩の指導も行っています。理学療法は、一人の患者さんのために他職種の専門家と協調しながらリハビリを行っていく必要があります。在学時に学んだチーム医療が、現在の立場での基本となっています。現場で多くの患者さんに接し、より理学療法を追求したい、治療に貢献したいと考えるようになり、今年度から首都大学東京の大学院に進学を決めました。大学院では脳卒中の患者さんの立位や歩行開始時の脳活動について研究をし、患者さんに対してより効果のある理学療法を提供したいと考えています。

チーム医療について学べたことが
現場に出た今、大変役に立っています

広岡 謙治 さん

  • 診療放射線学科 2011年3月卒業/
  • 城西大学附属城西高等学校 出身
  • 東京都済生会中央病院 診療放射線技師

高度な医療や大きな施設であればあるほど、多くの専門職の力を結集して治療に当たらなくてはなりません。その意味で入学当初からチーム医療やコ・メディカルについて学べたことは、大変役に立っています。先生との距離が近いのも魅力でした。特に先生の質問に学生が答えるという方式で進められた授業はとても緊張感があって、医療の現場に出た今は、そのありがたさを実感しています。現在私は主に消化器の透視検査を担当しており、バリウムを用いて胃や大腸を検査したり、ドクターが施行する内視鏡の検査について透視撮影を併用してサポートしたりしています。ここはとても規模の大きい病院で、放射線技師として様々な検査が選択できるのが魅力で、選びました。検査機器が非常に充実しているのも素晴らしい点です。仕事にじっくり取り組み、各検査を通じてスキルを上げていきたいと思っています。

「すべては患者様のために」
という信念で自分を
大きく成長させていきます。

両角 誉生 さん

  • リハビリテーション学科 理学療法学専攻 2011年3月卒業/
  • 長野県 諏訪二葉高等学校 出身
  • 横浜新都市脳神経外科病院 理学療法士

急性期、回復期、維持期と一通り経験できることから、当病院での勤務を志望しました。在宅に関わるスタッフもいて、様々な時期での治療場面を経験することができています。担当した患者様から「ありがとう」という言葉をいただくとき、仕事を通して自分が人のために貢献できているという実感が得られます。一貫して治療ができる今の環境で専門性を高め、セラピストとして「すべては患者様のために」という信念を忘れずに自分を成長させていきたいと思います。現場で働いていて感じることは、2回の総合臨床実習で学んだことがとても役立っているということです。実習とはいえ直接患者様に触れられたのはいい経験でした。また、日本医療科学大学は先生方のサポート体制も素晴らしく、精神的な面でも学生を支えてくれました。将来の夢をかなえる上で、大きな力になってくれたと感謝しています。