卒業生からのメッセージ

東京医科大学病院 放射線部 勤務

今松 和輝 さん

  • 診療放射線学科 2019年卒業
  • 岩手県出身
  • 現在の勤務先を目指したきっかけを教えてください。また、仕事内容とやりがいを教えてください

    学生時代に当院にて実習を行い、当院を目指そうと決めました。三次救急の病院で多くのモダリティにおいて検査数は都内トップクラスです。大学病院であるため最先端の技術、機器などが揃っており、それらを駆使して患者様にとってより良いアプローチができるよう医師に質の高い画像を提供しています。凄まじいスピードで医療技術は進歩しており、その速さに負けないよう学び続けるということがやりがいの一つであるとも感じています。

    日本医療科学大学の出身学科で学んだことは何ですか?

    働く上でなくてはならない解剖学や生理学をはじめとする基礎的な医療知識はもちろんですが、放射線系の基礎的な知識も非常に丁寧に教えていただきました。また、他人と関わるという観点では約100 人の同期と国家試験に向けて1 つのチームとして取り組んだことにより、コミュニケーション能力の向上も図ることができたと感じています。多くの方と関わることにより人脈も広がり貴重な経験をさせていただきました。

    日本医療科学大学で力を入れていた活動はありますか?

    フットサルサークルでは放射線学科の学生が中心となって活動していましたが、他学科の学生が在籍しており月に1~2回程度の活動を通して、運動をしながらコミュニケーション能力を養うことにも努めていました。また、普段では聞けない他学科の話を聞くことにより意欲向上のきっかけとなる刺激をいただける機会でもありました。

    上記の活動は仕事でどのように役立っていますか?

    現在、複数の医療職がお互いに連携を取り合って患者様に医療サービスを提供するチーム医療の場においては、他職種の方とコミュニケーションを取り合いながら助け合うということが必須となっています。特に院内においては、チーム医療の場を一例とする他職種の方とコミュニケーション能力が必要とされる場が、院外においては技師会が運営する学会などで、初めてお会いする他院の放射線技師の方と共に会場の設営などを行う機会があり、そのような場でも学生時代に培ったコミュニケーション能力が非常に役立っていると感じています。

公立昭和病院 勤務

五十嵐 弘樹 さん

  • 診療放射線学科 2017年卒業
  • 群馬県出身
  • 現在の勤務先を目指したきっかけを教えてください。また、仕事内容とやりがいを教えてください

    三次救急の病院として、一般・CT・MRI・AG など、多岐に渡って業務しています。総合病院であるため、患者様の疾患も様々であり、毎日が勉強となっています。実際の撮影工夫や装置の使い方は各病院で異なるため、臨床に出てから学ぶことが多いですが、その元となる基礎知識はとても役に立っています。その中でもMRI は特に用いるシーケンスや原理を理解しているかによって、業務の理解や急患の際の対応に差が生まれると感じました。診療放射線技師の基本である一般撮影は、最も検査数が多くマルチタスク能力が求められるCT など、業務内容が多いので大学で学んだ4 年間で必要の無いものはひとつも無いと感じています。また、目上の方との接し方やコメディカル間のコミュニケーション、その他に仕事内容を理解するために、勉学だけではない大学時代の関りが重要なものとなりました。

    大学時代を振り返って、日本医療科学大学はどのような魅力や特長のある大学でしたか?

    診療放射線学科はもちろん、他学科・専攻の先生たちとも仲良くなれるところです。学生同士仲が良いというのも非常に良い部分ですが、先生方は違った観点から意見をくださり、自分の視野を広げる要因となりました。また、他学科・専攻の学生に自分が学んだことを話すことも多く、自分自身の知識を深め、足りない知識を補う機会となっておりました。この様に様々な分野の先生や医療従事者を目指す多くの学生と話す機会があり、大学の規模以上に活発な討論が行えると感じます。

    受験生に向けてメッセージをお願いいたします

    医療職は専門化が進んでおり、マニアックな部分も多くあります。それらは大学4 年間の勉強を基に、何年もかけて手に入れていく自分の技術です。大学に入学することや卒業して資格を得ることを目標にするのではなく、将来自分がどのような医療従事者になりたいのかを考え、それに向けて努力するということを常に意識しながら勉強に励んでください。どんな些細なことでもそれが患者様を救う技術・知識になるかもしれません。大学は資格を取らせてくれるところではなく、自分の将来への手助けをしてくれるところです。自ら行動を起こして頑張ってください︕

ねりま健育会病院 勤務

遠藤 せりか さん

  • 作業療法学専攻 2018年卒
  • 秋田県出身
  • 現在の勤務先を目指したきっかけを教えてください。また、仕事内容とやりがいを教えてください

    地域との繋がりを大切にし、「攻めのリハビリ」を掲げ、入院時合同評価や退院後まで見据えた支援など、質の高いリハビリテーションを展開しているところに魅了されました。スタッフの制服が統一されているなど、職種間の垣根を無くす取り組みと、1ヶ月に2回のカンファレンスもあることで、情報共有がしやすい環境が整っています。機器も充実し、その人らしい生活の実現に向けた作業療法が提供できるので、やりがいにも繋がっています。

    日本医療科学大学の出身学科で学んだことは何ですか?

    作業療法士に必要な専門知識は勿論、グループ活動が多く、同じ目標に向かう人が大勢いる中での考え方の違いや、提案・評価などを共有することができ、広い視野を持てたことです。また、科目別で部屋が分かれており、実際の場面での環境設定の仕方や機器の使い方などを知る機会が多く、実践練習することで自分の苦手な部分が明確になり克服することもできました。

    日本医療科学大学で力を入れていた活動はありますか?

    卒業論文です。論文はこれまで書いたことがなかったため、書き方の指導をいただきながら自分なりに伝えたいことや考察を記しました。その中で信憑性や妥当性を示すには、時間や資料が多く必要であることや様々な論文に触れる機会があり、色々な評価や取り組みがあることも同時に学ぶことができました。

    上記の活動は仕事でどのように役立っていますか?

    学生時代に触れていた機材や評価バッテリーも知識があったため、臨床場面で活用しやすく色々な視点からの評価をする上で役立ちました。また、自身が行ったリハビリの効果を学会で発表する機会を得ることができ、その資料作成時には卒業論文を作成した時の知識を活かして自分が何を伝えたいのか、文献を使用しながら考えることができたと感じています。その他にも、グループ活動が臨床での多職種との連携の際に役立っており、チーム内でのディスカッションにあたって、必要な情報を事前に準備して望むことの大切さを改めて実感することができています。

    進路を考えるにあたり、役立ったサポートなどはありましたか?

    早期からの求人説明会により病院や施設の数と理念の違いを知ることで、自分自身が成長できました。そして、病院や施設を挙げて重要視していることをより近い位置で感じることができ、職場を決める上で大いに役立ちました。また、就職支援センターは就職に関しての不安を取り除いていただけた場でもあり、精神面でも非常に助けられました。

    今後の勤務先での目標教えてください

    作業療法士としての専門性を高めるために、学会や勉強会に参加し幅広い知識や考え方を習得したいです。特に認知症患者への関わり方を学び、その人らしさを引き出し、その家族にも寄り添えるような作業療法士になりたいです。

医療法人 啓仁会 所沢ロイヤル病院 勤務

高本 卓 さん

  • 理学療法学専攻 2016年卒
  • 埼玉県出身
  • 現在の勤務先を目指したきっかけを教えてください。また、仕事内容とやりがいを教えてください

    大学では挨拶や言葉遣いといった基本的な礼儀を学べたことが、患者様やその家族に対する接し方で活かされていると感じています。現在は、回復期病棟に勤務しており、主に自宅復帰を目指した高齢者を担当しています。その他にも通所や外来リハビリも担当しており、様々な疾患に対してのリハビリテーションを提供しています。系列施設との交流もあり、外部環境から現状の自分を見つめ直す良いきっかけを与えていただいております。

    大学時代を振り返って、日本医療科学大学はどのような魅力や特長のある大学でしたか?

    図書館が夜遅くまで開いており、医療専門書や文献検索サイトも充実しています。また、卒業後にも利用することができるため、就職してからも活用をしています。自動車通学も可能で、アクセス面の不便さもありません。

    受験生に向けてメッセージをお願いいたします

    先生方が授業時間外でも親身になって指導をしてくれるので、分からないところはすぐに解決をすることができました。学生時代は勉強が忙しく、辛い時期もありますが今ではその経験が、自ら学ぶ姿勢を作ってくれたと思っております。

福島赤十字病院 勤務

阿部 史歩 さん

  • 看護学科 2016年卒
  • 福島県出身
  • 現在の勤務先を目指したきっかけを教えてください。また、仕事内容とやりがいを教えてください

    看護学科では臨地実習で様々なことを学びました。実習先で何をしたらいいか戸惑っている自分を指導者の看護師の方がサポートしてくださったので、不安や戸惑いはすぐに無くなりました。実習先では患者様に足浴をしたり、話を聞いたりするだけで患者様が笑顔になっていくのがとても嬉しかったのを覚えております。看護師としてはまだまだ未熟ですが、笑顔で患者様と関わることにより、元気になっていくのを実感することができて楽しいです。二次救急病院の内科で働いています。患者様には高齢の方が多く、急性期から回復する患者様に驚いたりもします。入院初期は元気の無い患者様が徐々に回復していき、自分らしさを取り戻していく姿をみて、逆に元気付けられたりすることもあります。

    大学時代を振り返って、日本医療科学大学はどのような魅力や特長のある大学でしたか?

    大学から地元の福島県を出て、埼玉県で一人暮らしをすることになりました。日本医療科学大学のある毛呂山町は緑の多い町のため、安心して落ち着いた環境で勉強することができました。また、チーム医療について学ぶ機会も多く、他学科・専攻の友達も沢山できました。チーム医療演習では一つの疾患に対して、それぞれの医療職はどう考えているのか意見を出し合い発表する授業で、この授業の経験が実際に医療現場に出た現在も役立っています。

    受験生に向けてメッセージをお願いいたします

    私自身、高校の頃は「将来これがやりたい︕」って思う職業が特に無く、大学に入学してから看護師の仕事や患者様との関りについて学んでいくうちに、やりがいや面白さを見出すことができました。大学では臨地実習などで、病院を直接見て働くことができますので、就職の際にとても参考になります。病院が行っている奨学金制度もありますので、興味があれば調べてみると良いかもしれません。

深谷赤十字病院 臨床工学課 勤務

向井 美咲 さん

  • 臨床工学科 2017年卒
  • 埼玉県出身
  • 現在の勤務先を目指したきっかけを教えてください。また、仕事内容とやりがいを教えてください

    深谷赤十字病院を選んだ理由はME の業務である透析、機器管理、カテーテル、人工心肺、内視鏡の全ての業務があったからです。病院によっては透析だけしか行っていない場所もあるため、多くのことができる深谷赤十字病院を選びました。仕事内容として透析は穿刺(針刺し)やコンソール(透析の機械)の操作、機器管理は医療機器の清掃・点検・修理、カテーテルは術野への物だし・補助循環(IABP,PCPS)の準備、人工心肺の操作、内視鏡は先生の介助に入り生検・ポリープ切除を行います。やりがいは高度な医療機器の操作や穿刺などの技術を得ることができ、多くの場所で活躍できることです。

    日本医療科学大学の出身学科で学んだことは何ですか?

    1 年次は医療職種に必要な解剖・生理学の知識を学ぶことができ、2・3年次は専門的な透析・人工呼吸器・人工心肺などの講義や実習があったため、知識や簡単な機器操作、透析・人工呼吸器・人工心肺の回路の組み立てを学ぶことができました。4 年次は臨床実習に行くため現場でのMEの仕事を学ぶことができました。1 年次にチーム医療演習やコミュニケーション論といった講義もあり、他学科合同でグループワークが多かったため、他の医療職種の仕事を詳しく知ることができ、上手なコミュニケーションの取り方を学ぶことができました。

    日本医療科学大学で力を入れていた活動はありますか?

    オープンキャンパスの手伝いに参加していました。参加をすることで他学科との交流や来場された高校生と話せる機会があり、沢山の人とコミュニケーションを取ることができました。

    上記の活動は仕事でどのように役立っていますか?

    電子カルテには多くの医療用語・心臓血管の画像・血液の基準値などが書かれているため、解剖や生理学で覚えた人体の構造や名称、基準値の知識が役立っています。透析業務では入社して数週間後に回路の組み立てやプライミングを始めたため、学生の頃の実習でやったことを思い出しながらできました。看護師の方に人工呼吸器のモードについてたまに聞かれることもありますが、講義でモードについて詳しく学んでいたため、説明する時に役立っています。また、病院では他職種の人たちと一緒に仕事をしていくためチーム医療演習が良い経験になりました。患者さんと話す際もどうしたら不安を軽減できるかなどを考えコミュニケーションを取ることができます。

    進路を考えるにあたり、役立ったサポートなどはありましたか?

    9 月頃に国際フォーラムで行われる病院説明会には、多くの病院関係者とお話しすることができるので、業務内容や福利厚生などの違いを知る良い機会でした。そこでME 業務でも病院によって全業務ができるところがあれば透析のみや、機器管理のみしかできない病院の違いを細かく知ることができ、自分の就職したい病院を選ぶ参考になりました。また、就職試験に向けて小論文添削や面接対策はとても役に立ちました。特に小論文が苦手だったため添削していただき、書き方のポイントを教えてもらったおかげで小論文が書ける様になりました。

    今後の勤務先での目標教えてください

    就職して間もない頃は、先輩方がとても丁寧に詳しく仕事を教えていただき、ミスをしてもフォローしてくれたので、私も先輩方の様になりたいと思っています。今までは透析、機器管理、カテーテル業務をメインにやっていたのですが、今年から内視鏡業務を始めたため早く独り立ちできる様に頑張りたいと思っています。