学部案内


Home » 学部案内 » リハビリテーション学科 (作業療法学専攻) » 学びの特色と実習内容

リハビリテーション学科 (作業療法学専攻)

前のページへ戻る

学びの特色

障害のある方の自立支援と生活支援を行うため、リハビリテーション医学をはじめとする専門的な知識と技術を身につけます。また身体だけでなく、精神に障害をもつ方のサポートも行えるよう、精神医学や臨床心理学も併せて学びます。
本専攻の大きな特色は、臨床実習が充実していること。1年次に「見学実習」を行い、2年次から病院や施設での臨床実習を取り入れ、しっかりと作業療法の技術を修得します。また、医療人としてのマナーを習得するために必要な一般教養も「基礎教育科目」で養います。加えて、これからの作業療法士として学ぶ必要性の高い、地域作業療法やチーム医療に関する科目も開設しています。

実習内容

作業療法学専攻の臨床実習例

専門指導者のもとで、臨床実習を行います。

作業療法学見学実習I

学内で学んだ作業療法の基礎知識を基に、病院・施設での見学実習を通してリハビリテーションの位置づけや各医療スタッフの業務内容・連携、また作業療法の具体的な業務を学習し、今後の授業に活用します。

作業療法学見学実習II

精神科病院や精神科施設において、学内で学んだ作業療法の基礎知識を基に、精神障害患者様や医療スタッフとのかかわり、精神科特有の業務内容、精神科作業療法の連携を見学・学習し、今後の総合臨床実習に活用します。

作業療法評価学臨床実習

病院や施設で、臨床実習指導者のもと、対象者に対する一連の評価を実施します。

作業療法学総合臨床実習I

病院や施設で、臨床実習指導者のもと、対象者に対する一連の評価を実施して、治療計画を立案し、作業療法の実践とその効果に関する検討を行い、作業療法の技術・能力を身につけます。

作業療法学総合臨床実習II

総合臨床実習Ⅰの成果を踏まえて、さらに作業療法の技術・能力の向上を図ります。具体的には、病院や施設で、治療計画を立案し、作業療法の実践とその効果に関する検討を行い、作業療法の技術・能力をしっかり修得します。

作業療法学専攻の年次別臨床実習

年次 前期 後期 目的 方法 時間
(単位)
1年次  

I

①障害者と向き合う方法と支援するスタッフの活動を通して、障害者とチーム医療リハビリテーションの意義を学習する。

②各施設の役割、作業療法及び作業療法士の役割と機能、諸施設や機器の使用目的等を理解する。
③1年次より実施することで、今後の学習意欲の向上と将来像構築の一助とする。
医療機関、リハビリテーションセンター、長期療養型介護施設、介護老人保健施設・特別養護老人ホーム、福祉施設などにグループ編成し見学実習する。 45時間
(1単位)
2年次  

臨床実習指導者の指導監督のもと、個々の症例が有する問題解決のため、情報の収集、評価の計画と実践、問題点の分析と目標の設定など、基本的な作業療法の過程を習得する。 埼玉県内をはじめ関東甲信越を中心とした実習施設で実施する。
臨床実習指導者の指導監督のもと、作業療法評価を重点的に実習する。
180時間
(1単位)
3年次  

II

①精神障害者と向き合う方法と支援するスタッフの活動を通して、精神障害リハビリテーションについて学習する。
②各施設の役割、作業療法および作業療法士の役割と機能、精神科作業療法の流れや精神科デイケアの利用目的を理解する。
③総合臨床実習前に実施することで、精神障害領域の臨床実習に向けた知識と技術を確認する。
埼玉県や近県の精神科病院や精神科施設において見学実習する。 45時間
(1単位)
3年次  

合臨

I

臨床実習指導者の指導監督のもと、個々の症例に即した疾患と障害の把握、評価の実施と問題点の分析、目標の設定、治療の計画と実施、変化に対する適切な治療内容の変更、経過および治療結果に対する考察など患者様を通してしか学べない実践能力を養う。

作業療法士として必要なものの見方、判断力と行動力、基本的な治療技術と問題解決能力を習得する。
埼玉県内をはじめ関東甲信越を中心とした実習施設で実施する。
臨床実習指導者の指導監督のもと、作業療法評価を行い、問題点の抽出、目標設定、治療計画立案と基本的な治療方法を実習する。
360時間
(8単位)
4年次

合臨

II

  埼玉県内をはじめ関東甲信越を中心とした実習施設で実施する。
臨床実習指導者の指導監督のもと、作業療法評価から治療までの総合的に作業療法を実践する。
360時間
(8単位)

取得可能資格

  • 作業療法士(国家試験受験資格)

活躍のステージ

大学病院、総合病院、リハビリテーションセンター、精神・神経科病院、小児病院、保健所、保健センター、精神保健センター、介護老人保健施設、介護老人福祉施設、在宅介護支援センター、教育・研究機関、自助具・福祉機器関連企業 など