学部案内


Home » 学部案内 » 診療放射線学科 » 学びの特色と実習内容

診療放射線学科

前のページへ戻る

学びの特色

診療放射線技師は放射線を医療に応用し患者様の健康回復のために役立てることを目的としております。本学では放射線に関する基礎から高度な知識・技術に至るまでを自然な流れの中で習得していけるように配慮した講義・実習が行われております。
放射線についての専門科目では、日進月歩で成長する放射線の技術や機器に対する知識を無理なく習得できるように学習します。最新の医療技術習得のために第一線で活躍する講師による講義も行っております。
さらに学内で行われる病院内の検査を模擬した実習や、高学年で行う実際の病院での臨床実習を通して学んだ知識を確認し、高度な医療技術に触れつつ、医療人としての奉仕の心と患者接遇やコミュニケーション能力を養います。
また1年次から行われている基礎教育科目においては、一般教養・基礎ゼミ・チーム医療演習・医療事故防止のため科目などを通じて医療人として必要な協調性・学習意欲・問題解決能力を養い、障害者や高齢者の方々の心理や福祉を学ぶ科目も開設しています。

実習内容

診療放射線学科の臨床実習例

学内の実習施設において講義で学習した内容を実技により技術として習得します。


エックス線撮影実習室で撮影をした画像を観察する学生たち。撮影には模擬人体(ファントム)を用いて画像についての技術を習得します。(奥からマンモグラフィ撮影装置、エックス線透視台、エックス線CT装置、一般X線撮影装置)








画像検査技術学実習

医療機関臨床現場において、人体各部の単純撮影(胸部、腹部、骨など)、造影撮影(血管、消化管など)、手術室でのエックス線撮影、CT検査、MRI検査、超音波検査、マンモグラフィ検査などの撮影に必要な知識・技術・患者接遇・医療人としてのマナーを習得します。

核医学検査技術学実習

医療機関臨床現場において、核医学に関する最新の検査原理(SPECT,PETなど)や画像の構成、放射性医薬品の取扱い、放射性廃棄物処理などを習得します。特に、放射性医薬品を用いた検査のため、患者様へのコミュニケーションを通じた細かい配慮も実習の大切な要素となります。

放射線治療技術学実習

最先端の医療機関における臨床現場で、放射線治療技術学概論、放射線腫瘍学、放射線治療技術学などの講義で得た基礎知識・技術を基に病院で臨床実習を行い、放射線治療に必要な知識・技術(リニアックなどの加速器操作法を含む照射技術)、患者接遇法、技師としての基本的マナーなどを習得します。

診療放射線学科の年次別臨床実習

年次 前期 後期 目的 方法 時間
(単位)
2年次 学内実習   ①診療放射線技師として必要な技術の習得を重視して、診療画像技術、核医学検査技術に関する諸種の検査法と放射線治療に関する照射技術などを習得、習熟し、あらゆる機器に精通する技術を身につけるととともに、実際に医療の現場において活用できる能力を養う。

②臨床実習では、医療現場における適切な行動、実際に小児や老人、成人の患者様及びそのご家族と接することにより対応、対話、接遇のなどのマナーを習得する。また、医療現場のスタッフ等の病院スタッフ(医師・看護師・その他のチーム医療従事者)との連携、受付の事務職員との関係や医療現場での医療技術職のあり方を認識する。
基礎画像検査技術実習

4グループに編成し臨床実習に必要な診療画像技術学の基礎について学内実習を行う。
45時間
(1単位)
3年次 前期 学内実習   医用画像情報学実験

4グループに編成し臨床実習に必要な医用画像情報技術学について学内実験を行う。
45時間
(1単位)
3年次 後期   臨床実習 画像検査技術学実習I

4グループに編成し臨床実習に必要な診療画像情報技術学について学内実習を行う。
45時間
(1単位)
画像検査技術学実習II

核医学検査技術学実習・
放射線治療技術学実習

埼玉県内をはじめ関東甲信越を中心とした実習施設で実施。臨床実習指導者の監督指導の下に、診療エックス線からエコー、MR、眼底までの画像検査技術学、核医学検査技術学、核医学における治療技術学及び放射線治療技術学までの診療放射線科学を総合的に実践する。
180時間
(4単位)

90時
(4単位)

取得可能資格

  • 診療放射線技師(国家試験受験資格)
  • 放射線取扱主任者
  • エックス線作業主任免許※
  • ガンマ線透過写真撮影作業主任者免許※

※診療放射線技師免許取得後、申請により取得可能

活躍のステージ

大学病院、国公立病院、総合病院、一般病院、公的病院、健診機関、私立病院、医療機器メーカー、教育・研究機関 など